post

短期留学生〜現地観光🇩🇪〜

皆さんこんにちは!今回は短期留学生とドイツ観光に行ってきました!弊社が位置するデュッセルドルフやデュッセルドルフから電車で約30分ほどの場所にあり、日本でも有名な世界遺産ケルン大聖堂があるケルンなどを観光してきました!短期ドイツサッカー留学の中でドイツサッカーから学ぶことはもちろんのこと、ドイツでしかできない事をしたりドイツでしか見れない景色などを見て刺激を受けるのも海外留学の一つの醍醐味ですね!

やはりドイツのソウルフードといえばデュナーケバブ!正式名称はDÖNER KEBABと言い、ドイツ人の大半の人はケバブの部分を省いてDÖNERと呼んでいます。ベルリンが発祥とされ、リーズナブルで手軽にどこでも食べられてたくさんの野菜とジューシーな肉が入っていてとても美味しく、観光客地元の市民問わず愛されてきました。4~5ユーロほどでこのボリュームなので私たち日本人は1つで十分ですね!

そしてやはりデュッセルドルフといえば過去に宇佐美貴史選手、原口元気選手なども在籍し現在は日本代表の田中碧選手がプレーしている事で日本のサッカーファンの方にはお馴染みのフォルトナ・デュッセルドルフ95ですね!現在はドイツの2部リーグに所属するフォルトナ・デュッセルドルフですがファン、サポーターが熱狂的として知られ、平日の昼の時間でも店内には何人かのサポーターの方がいました!

デュッセルドルフから電車で約30分ほどで行くことができるケルンにも行ってきました!ケルン中央駅を降りると目の前に飛び出してきたのは日本でもよく知られるケルン大聖堂!あまりの大きさと豪華さに留学生も大興奮でした!やはり海外にきたら日本では見ることのできないスケールの世界遺産は必ず訪れたいところですね!

こちらはデュッセルドルフの中で一番有名な観光地として知られるケーニヒスアレー。日本の銀座に似ていて、高級ブティックやブランドジュエリー屋さんが立ち並んでいます。世界で最も美しいショッピングストリートとしても知られており、美しい並木道もあります。ケーニヒスアレーの「ケーニヒス」という名前はドイツ語で「王様」、「アレー」はドイツ語で「通り」という意味です。

ここに見出しテキストを追加短期間の中でドイツサッカーに触れ、ドイツの文化に触れとても刺激的な日々を送りたくさんのことを学んで今後の短期留学生の将来に活かして欲しいところです!

post

沼倉幸哉〜信頼を得る、そして結果を出す〜

今回は弊社留学生、沼倉幸哉選手にインタビューしてきました!ぜひご覧ください!

A,サイドバック ブランデュー弘前→Sterkrade Nord

A,日本でプレーしていく中で、常にもっと上手くなりたい、強くなりたい、上に行ける選手になりたいと考えるようになり、気づけば自分のプレーを世界でも試したい、刺激を受けたいと思い、ドイツで挑戦すると言う決断をしました。

A,球際の強さと試合での結果へのこだわりがとても強いことです。特に日本人は受け入れて貰えやすくチームメイトともコミュニケーションを取れ特徴を理解してもらえるのが早く日本人にとってはやりやすい国の1というのも魅力だと思います。

A,言葉の難しさ等はありますが過ごしやすいです。最初はなにも分からないことだらけでしたが休みの日には色々なところに散歩など行き生活にもなれる努力をし、楽しく過ごせています。

A,得点、アシスト、出場数などの目に見える数字にこだわるということをより意識してプレーするようになりました。そのためには主張することも大切だと学びました。

A,プレスのかけ方、球際、とにかく結果へのこだわり方、ポジションにもよりますが上手くても無難なプレーは評価されにく,く自分のプレーを常に出せるかという点が重要視されるという点は日本とは違うかなと思います。

A,球際で負けないこと、結果を求めること、どれだけ特徴を出せるかを言葉が難しい分どれだけ他の人のプレーと違いを作れるか常に自分のプレーをピッチ内で出せるかを意識しています。

A,球際で負けないこと、積極的な攻撃参加、安定した守備、ミスをしないことを求められています。

A,とにかく結果にこだわり数字を残して行きたいです。自分のプレーをわかってもらうことそして信頼を得ること結果を出しチームにも貢献出来ればと思います。

 

以上、沼倉選手のインタビューでした!後期シーズンの活躍に期待ですね!

post

オフシーズンの過ごし方

オフシーズンを利用してベルギーに小旅行へ🇧🇪

弊社が事務所を構えるデュッセルドルフはドイツの西に位置しているため、近隣のベルギーやオランダまでバスや電車で手軽に行くことができるのでとても魅力的です!あまり馴染みのないベルギーですが実は美食の国として知られるベルギー。日本ではベルギーワッフルやチョコレートが有名ですが、ヨーロッパ有数の美食の国として有名です。また、フランドル美術など豊かな中世文化でも知られ、オランダと共に巡るツアーが人気です。

やはりベルギーといえばチョコレートが有名ですね。食べずには帰れません。カカオの深い味わいが魅力でお土産にも喜ばれます。特に観光客に好まれているのがベルギーワッフルにチョコレートなど様々な味をトッピングして食べることです!ベルギーに行ったら必ず抑えたいところですね!

今回滞在したのはベルギーの1番の観光名所であり首都のブリュッセルでした!こちらはブリュッセルの観光スポットの「グラン・プラス(Grand-Place)」。ブリュッセルで観光をするのであれば絶対に欠かせないのがグランプラスの夜景です!とてもきれいですね!

今回は冬のオフ期間の過ごし方について取り扱いましたが、オフシーズンにこういった観光地に行けるのもドイツの魅力ですね!まもなく後期リーグにむけた準備期間が始まるので選手達のさらなる活躍に期待です!

post

ジグナル・イドゥナ・パルクへ

ボルシアドルトムントのホームスタジアムへ行ってきました!

先日、冬のオフシーズンを利用してドルトムントに行ってきました!ドルトムントにはドイツでも強豪と言われるボルシアドルトムントが拠点としている、国内最大規模のスタジアムがあります。競技が行われていない時には見学のツアーが開催されていて、普段見ることのできないような場所や選手達が実際にプレーしているピッチにまでも足を踏み入れる事ができます。

この日はとても晴天で外観からみたジグナル・イドゥナ・パルクはとても綺麗でした!ドイツで最大規模のスタジアム「ジグナル・イドゥナ・パルク」( Signal Iduna Park)は、ヨーロッパにおいてもトップ10に入る大きさを誇っており、その規模は8万人を超える人数が収容できるほどです。日本では考えられないほどの規模のスタジアムですね!

このスタジアムの名物はホーム側ゴール裏スタンドで、全て立ち見席であり、このスタンドだけで22,000人を収容できます。ドルトムントがこのスタジアムで試合を行うと、この一角はレプリカユニフォームを纏ったサポーターで一面びっしりと埋まり、まさに黄色い壁と化し、14-15シーズンにはドルトムントが平均観客動員数が80,463人で欧州一となりました。はやく満員のスタジアムでサッカー観戦ができる日が戻ってきて欲しいですね!

やはりボルシアドルトムントといえば全盛期のリーグ2連覇を果たした際に大活躍した香川真司選手の印象が強いと思います!選手達は香川選手も座ったであろうベンチに座ると言う貴重な体験をしとても興奮していました!

ドルトムントのスタジアムツアーでもらった刺激を後期シーズンの活躍につなげて欲しいところです!

post

2021シーズン前期結果報告

2021シーズン前期結果報

2021シーズン前期結果報告

▼寺田俊(KFC Uerdingen:4部)

【9試合出場2ゴール】

▼三宮捷(TSV Schott Mainz:4部)

【12試合1アシスト】

▼岩田凌(1FC Mönchengladbach:5部)

【16試合出場2ゴール3アシスト】

▼外舘叶多(BW Friesdorf:5部)

【11試合出場4ゴール5アシスト】

▼若宮健人(FC Bocholt:5部)

【15試合出場3ゴール7アシスト】

▼柳沢拓弥 (FC Bocholt:5部)

【16試合出場5ゴール2アシスト】

▼大西駿太(Turu Düsseldorf:5部)

【11試合出場3ゴール7アシスト】

▼福山隼太(Turu Düsseldorf:5部)

【9試合出場】

▼波多野治郎(SC Velbert:5部)

【8試合出場1ゴール】

▼青田稜也(1FC Mönchengladbach:5部)

【4試合出場】

▼木下啓太(VfL Alfter:5部)

【13試合出場1アシスト】

▼木下陽(Niederwenigern:5部)

【12試合出場】

▼高橋義和(Hohkeppel:6部)

【14試合出場2ゴール2アシスト】

▼杉浦純平(ESC Rellinghausen:6部)

【13試合出場3ゴール1アシスト】

▼小宮周大(ESC Rellinghausen:6部)

【4試合出場】

▼熊野誠希(SC Teutonia:6部)

【11試合出場】

▼椿 和真 (Duisburger SV:6部)

【7試合出場2ゴール1アシスト】

▼北原渓(FV Bad Honnef:6部)

【5試合出場】

▼松高 遼(MSV Düsseldorf:6部 )

【11試合出場2アシスト】

▼佐藤采音(MSV Düsseldorf:6部 )

【6試合出場】

▼横田 源(MSV Düsseldorf:6部)

【8試合出場】

▼川合純平(Mülheimer FC97:6部 )

【2試合出場】

▼山根歩(Rather SV:6部 )

【選手登録待ち】

▼渡邊将矢(TuS Bövinghausen:6部)

【選手登録待ち】

▼川上裕一朗(VfL Benrath:7部)

【13試合出場】

▼安達裕二(DV Solingen:7部)

【14試合出場4ゴール8アシスト】

▼浦田祥生(DV Solingen:7部)

【13試合出場】

▼深井恭次(SC Phönix Essen:7部)

【6試合出場】

▼永井秀哉(Duisburger FV:7部)

【2試合出場】

▼小糸海稀(Duisburger FV:7部)

【11試合出場】

▼安藤太紀(VfL Benrath:7部 )

【選手登録待ち】

▼吉岡穏(DJK Novesia Neuss:7部)

【選手登録待ち】

▼小野希龍(Viktoria Buchholz:7部)

【選手登録待ち】

▼大南慎太郎(VfR06Neuss:8部)

【13試合出場1ゴール1アシスト】

▼畝尾光(Turu Düsseldorf II:8部)

【4試合出場】

▼坂林遥輝(Burgaltendorf II:8部)

【11試合出場3ゴール】

▼小西友樹(Sparta Bilk II:9部)

【選手登録待ち】

▼天雲 康徳(Atletico Essen:10部)

【9試合出場1ゴール】

post

渡邊将矢〜強みを活かして〜

弊社留学生、渡邊選手にインタビューしてきました!ぜひご覧ください!

高校卒業でプロを目指していました。プロから目をつけられるもののその夢は叶えられず、不完全燃焼で終わってしまった。日本の大学に進学するならサッカーを辞めようと決めていました。
しかし高校2年の時から海外への興味があり、始めはアメリカの大学へ進学予定でスポーツと勉強の両立でプロを目指そうとおもいました。お父さんと相談した結果、本気でプロを目指してる集団の中に中途半端な考えのやつが入ってプレーをしてもプロなんかなれるわけないと言われました。お父さんはモトクロス選手ということもあり、僕にとってはとても説得力のある言葉でした。本気でサッカーをしたいなら他の国で勝負したら?という意見を頂いて自然とドイツへベクトルが向いていました。

結果を出した選手はしっかりと上のカテゴリーにステップアップできる環境にある所です。
日本は見てる人も少なく、ある程度上の方に行かなければとてもでないと上に行ける環境にありません。

僕はマインツからデュッセルドルフに引越しをしました。
デュッセルドルフの方に来てからはとても住みやすく、とても充実してる日々を過ごさせてもらっているなと感じています。

勝ちにこだわる部分はすごいです。そして幸いな事に、元ボルシアドルトムントのケビン・グロスクロイツ選手というスゴイ選手とプレーをさせてもらっています。オフザボールの動き、ポジショニング、などの一つ一つのプレーの質がとても高く練習では毎回勉強になることばかりで成長していってるなと感じています。

一番違いを感じたのは守備の部分です。
日本ではリトリートにというのが基本なんですが、ドイツでは取りに行け、二人目で取れば良いという考えなので始めはとてもトライアウト時、チームメイトにも取りに行けと言われていました。あとはゴールへの意識です。
日本では大丈夫だろうと思ってる距離からドイツではたくさんの本数を打ってきます。しかも打つだけでなく、入るんじゃないかというシュートを打ってきます。これは日本では感じられなかった感覚でした。

僕は日本でも小さい方だったので、ヨーロッパではもっと小さい選手です。しかし、大きい選手に勝てる部分も僕はたくさんあると考えています。
例えばドリブルであったり、俊敏性であったりはするんですがそれに至るまでに大きい身体で潰されることが多々あると思います。なので僕はポジショニングとファーストタッチの置き位置と味方のポジショニングの把握を常にするようにしています。そうする事によって自分の得意であるパス、ドリブルの成功率を上げることができます。

個人的には自分の強みを活かして二桁ゴール、二桁アシストをすることで、チームとしては現在、首位に位置しているので昇格することが目標です

以上、渡邊選手のインタビューでした!香川選手ともプレーしたグロスクロイツ選手と同じチームでプレーしている渡邊選手の活躍に期待です!

post

【11月第3週リーグ戦】〜結果報告〜

【11月第3週リーグ戦】〜結果報告〜

“ 留学生試合出場選手 ”

〜 結果報告 〜
▼寺田俊(KFC Uerdingen:4部)
【スタメン出場】結果:1-4 敗戦 1ゴール

▼三宮捷(TSV Schott Mainz:4部)
【スタメン出場】結果:0-4 敗戦

▼岩田凌(1FC Mönchengladbach:5部)
【スタメン出場】結果:2-4 敗戦

▼外舘叶多(BW Friesdorf:5部)
【スタメン出場】結果:1-3 敗戦

▼柳沢拓弥 (FC Bocholt:5部)
【スタメン出場】結果:4-2 勝利

▼若宮健人(FC Bocholt:5部)
【途中出場】結果:4-2 勝利

▼大西駿太(Turu Düsseldorf:5部)
【途中出場】結果: 1-1 引き分け

▼松高 遼(MSV Düsseldorf:6部 )
【スタメン出場】結果:2-0 勝利

▼杉浦純平(ESC Rellinghausen:6部)
【途中出場】結果:0-1 敗戦

▼横田 源(MSV Düsseldorf II:9部 )
【途中出場】結果:2–0 勝利

▼安達裕二(DV Solingen:7部)
【スタメン出場】結果:2-1 勝利

▼浦田祥生(DV Solingen:7部)
【スタメン出場】結果:2-1 勝利

▼川上裕一朗(VfL Benrath:7部)
【スタメン出場】結果:2-2 引き分け

▼深井恭次(SC Phönix Essen:7部)
【途中出場】結果:0–9 敗戦

▼永井秀哉(Duisburger FV:7部)
【途中出場】結果:5-0 勝利

▼小糸海稀(Duisburger FV:7部)
【途中出場】結果:5-0 勝利

▼大南慎太郎(VfR06Neuss:8部)
【スタメン出場】結果::5–2 勝利 1ゴール

▼坂林遥輝(Burgaltendorf II:8部)
【スタメン出場】結果:1-2 敗戦

▼天雲 康徳(Atletico Essem:10部)
【スタメン出場】結果:2-3 敗戦

post

世界最大のクリスマスツリーinドルトムント

今年も早いもので既に12月になりました。12月のドイツといえばクリスマスマーケットですね!

このクリスマスの時期(11月中旬から12月25日)、クリスマスらしくデコレーションされたグリューワインやレープクーヘンの屋台のない街なんて、ドイツにはありません。ドイツ観光局によると、大きな都市だけでも、2500ものクリスマス・マーケットが開催されています。

先日、選手達はサッカーチームボルシアドルトムントのホームタウンとして有名なドルトムントのクリスマスマーケットを訪れました!ドルトムントのクリスマスマーケットは、1年で最も楽しいお祭りであるクリスマス・シーズンのムードを100年以上昔から高めてきました。巨大な芸術作品とも言える世界最大のクリスマスツリーは無数の灯りと光るオーナメントに美しく飾られて光り輝いています。300を超える屋台には、クリスマスならではの商品が総て揃っています!

間近で見る世界最大のクリスマスツリーの迫力はとてもすごかったです!選手達も大興奮!700本のモミの木と数万個の電球を使ってつくられた45メートルものクリスマスツリーはまさに芸術作品。目の前にすると想像以上の巨大さに圧倒されます!

クリスマスマーケットにきてもやはりドイツ名物のソーセージは欠かせません!クリスマスならではのグルメとしてサーモンやうなぎの燻製を売る魚専門屋台、カマンベールやベーコン、フルーツの串揚げが食べられるフライ屋台、ヴェストファーレン州風の玉ねぎ入り豚肉グリル、グリュンコール(ケール)の煮込みなども。レープクーヘンのほか、焼き栗やクレープ、ワッフルなどスイーツも豊富です!

こういったドイツ文化はとても素晴らしいですね!

post

【11月第2週リーグ戦】〜結果報告〜

【11月第2週リーグ戦】〜結果報告〜

“ 留学生試合出場選手 ”

〜 結果報告 〜
▼寺田俊(KFC Uerdingen:4部)
【スタメン出場】結果:1-1 引き分け

▼三宮捷(TSV Schott Mainz:4部)
【途中出場】結果:0-1 敗戦

▼岩田凌(1FC Mönchengladbach:5部)
【スタメン出場】結果:5-2 敗戦

▼木下啓太(VfL Alfter:5部)
【スタメン出場】結果:0-2 敗戦

▼外舘叶多(BW Friesdorf:5部)
【スタメン出場】結果:0-0 引き分け

▼柳沢拓弥 (FC Bocholt:5部)
【スタメン出場】結果:6-1 勝利 1ゴール

▼若宮健人(FC Bocholt:5部)
【スタメン出場】結果:6-1 勝利

▼波多野治郎(SC Velbert:5部)
【途中出場】結果:0-2 敗戦

▼福山隼太(Turu Düsseldorf:5部)
【途中出場】結果:2-4 敗戦

▼木下 陽(Niederwenigern:5部)
【途中出場】結果:0-2 敗戦

▼高橋義和(Hohkeppel:6部)
【スタメン出場】結果:6-0 勝利

▼佐藤采音(MSV Düsseldorf:6部 )
【スタメン出場】結果:2-1 勝利

▼杉浦純平(ESC Rellinghausen:6部)
【途中出場】結果:0-1 敗戦

▼松高 遼(MSV Düsseldorf:6部 )
【途中出場】結果:2-1 勝利

▼安達裕二(DV Solingen:7部)
【スタメン出場】結果:4-0 勝利

▼浦田祥生(DV Solingen:7部)
【スタメン出場】結果:4-0 勝利

▼深井恭次(SC Phönix Essen:7部)
【途中出場】結果:4–4 引き分け

▼大南慎太郎(VfR06Neuss:8部)
【途中出場】結果:0-4 敗戦

▼横田 源(MSV Düsseldorf II:9部 )
【スタメン出場】結果:7-3 勝利 2ゴール

▼永井秀哉(Duisburger FV II:9部)
【スタメン出場】結果:6-0 勝利 2ゴール

▼天雲 康徳(Atletico Essem:10部)
【スタメン出場】結果:5-1 勝利 1ゴール

post

大西駿太〜プロ契約に向けて〜

弊社留学生、大西選手にインタビューしてきました!ぜひご覧ください!

たとえプロカテゴリーではない下部リーグでも観客がたくさん入り、時には応援団がいるチームもあり、毎週のリーグ戦が熱狂的なところです。

日本の文化とは違うところがたくさんあり、毎日多くの発見や驚きがあるのですごく充実しています。

日本よりも相手DFが大きくて早いのでプレースピードや判断の速さがとても重要で、そこの質を上げるためのファーストタッチの大切さを学びました。

1番の違いはやはりサッカーを取り巻く環境が日本とは段違いです。下部リーグでもクラブハウスがあり、グランドも人工芝と天然芝のグランドを持っているチームが多いです。

攻撃的MFとして圧倒的な存在感を放ち、チームのために働き、結果を出すことを求められます。

全試合にスタメンフル出場し、15ゴール10アシストを取り、来シーズンにプロ契約を結べるための準備をすることです!

以上、大西選手のインタビューでした!今シーズンすでに3ゴール6アシストを記録している大西選手の活躍に期待です!