post

木下陽〜結果にこだわる〜

弊社留学生木下陽選手にインタビューしました!是非ご覧ください!

MF 國學院久我山高校→ 青山学院大学→Burgaltendorf→Niederwenigern

動機は主に2つあります。1つ目は、活躍次第でステップアップできる環境に魅力を感じたこと。2つ目は、サッカーを引退した後、自分自身の活躍できる場、可能性を広げられると思ったからです。社会人になる前の今だからこそできるチャレンジだと思い、この決断に至りました。

初めてドイツに来たときは日本と何もかもが違う環境で戸惑うことも多々ありましたが、生活していくにつれて慣れてきましたし、ドイツのきれいな街並みなどはとても気に入っています。

いかにして体の大きい相手に対して1対1で勝っていくかを学びました。ドイツサッカーでは1対1で勝つことをとても求められるので、そこは追求しました。

日本サッカーと比べると勝負事に対する熱量に差を感じます。選手、監督コーチだけでなく、中には応援に駆け付けてくれるお年寄りの方も一緒になって喜び合ったり、ヤジを飛ばしている光景に初めは驚きました(笑)
ただ、だからこそ良いプレーをしたり、勝った時の盛り上がる雰囲気がたまらなく好きです。

チームを勝たせられる選手になりたいです。
毎試合、得点アシストにこだわって、不可欠な存在になれるように頑張ります!それと怪我なく、悔いなくやり切ることです!

以上、木下選手のインタビューでした!すでにたくさんの出場機会を得ている木下選手の活躍に期待です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。